【米国株】クルーズ関連銘柄 Royal Caribbean Cuises(RCL)について解説!|クルーズ業界大手「ロイヤル・カリビアン」とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

※アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは!やん(@yan_blog3)です。

悩んでいる人

米国のクルーズ銘柄に投資したいな〜
企業のことは分かった上で投資したいけど、
自分で企業分析をするのは難しいし面倒!

そんな方に向けて、本記事では、Royal Caribbean Cuises(RCL:ロイヤルカリビアンクルーズ)の会社概要、財務状況について解説します。ご興味ある方はぜひ記事をご覧ください。

参考)以下の動画の広瀬隆雄さんのご説明はとても勉強になるので、ご興味ある方はぜひ動画をご覧ください。

目次

まとめ

はじめにまとめです。

RCL まとめ

ロイヤルカリビアン(RCL)業界大手のクルーズ旅行を提供する企業

・クルーズ市場は年率5%以上で堅調に成長してきた市場、主要顧客は北米・欧州の顧客。

・2020年の新型コロナウィルス感染拡大でクルーズ業界全体が大打撃を受けた

・RCLも堅調な業績が一転して赤字に転落株価も急落し、急落前よりも低い水準で推移。

・RCLの予約状況は好調。コロナが収まれば、業績の回復が期待できる。

コロナ前の2019/12期の売上高は$10,951M(+15% Y/Y)営業利益率 19% 純利益率17%と、成長性・収益性ともに堅調に推移していた

コロナ後の2020/12期の売上高は$2,209M-80% Y/Y)、営業利益率 137% 純利益率-263%と、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、業績が急速に悪化

・2021/09期に僅かながら売上が戻ってきているが、まだまだコロナ前の水準には程遠い状態

・2021/09期の自己資本比率は19.8%流動比率は80%固定比率は441%と、財務的な安全性は良好とは言えず、徐々に悪化している

・RCLの株価は、コロナ前の2020年の始め頃には135ドル前後だったが、コロナで一時25ドル付近まで株価が下落。100ドル付近まで持ち直していたが、現在は68ドル付近まで株価が下落(ここ数日でコロナウィルスの変異種「オミクロン」の報道を受けて急落)。

・コロナ収束すれば業績回復が見込めるため、株価の持ち直しに期待

今後もRCLの予約状況や、業績の動向を見ながら、投資判断をしていきたいと思います。

(※投資は自己責任です。ご自身の判断と責任でお願い致します)

会社概要

ロイヤル・カリビアン(Royal Caribbean Cuises(RCL) はレジャー旅行を提供する企業で、クルーズ船での旅行を提供する世界大手の一つです。

会社概要
本社所在地米国フロリダ州マイアミ
設立1968年
上場1993年(NYSE:RCL)
事業レジャー旅行
従業員数84,900人
売上高$ 2,209 百万ドル (2020年)
企業HPURL
IR資料 URL
2021年9月30日

ロイヤル・カリビアン・グループは、3つの世界的なクルーズバケーションブランド(Royal Caribbean International、Celebrity Cruises、Silversea)を所有・運営しています。これらのブランドは合わせて60隻の船を運航しており、2021年6月30日現在、さらに13隻の船を発注しています。

出所:RCLホームページ

クルーズ市場

続いて、クルーズ市場について解説します。

市場規模・成長性

まず市場規模と成長性について、クルーズ船業界の業界団体CLIA(Cruise Line International Association)によると、2019年の世界のクルーズ船の乗客数は2970万人に達しており、2009-2019年の10年間は年率成長率は5.25%で成長していることが分かります。

出所:CLIA 2021 State of the Cruise Industry Outlook

このデータからも分かるように、新型コロナウイルスの感染が拡大する以前は、クルーズ市場は堅調に成長してきたことが分かります。

乗客の居住地別の乗客数

下のグラフから分かるように、北米(52%)や欧州(25%)に住む利用者が大半を占めています。

新型コロナウィルスの感染拡大で各地域で運行がストップして、クルーズ業界全体が大打撃を受けましたが、北米や欧州などの主要顧客が戻ってくるか否かが業績回復の重要指標になります。

出所:CLIA 2019 Global Market Report
出所:CLIA 2019 Global Market Report

今後の見通し

クルーズ業界の今後の見通しを予想するために、重要となってくるのが「予約状況」「運航状況」です。クルーズ旅行は1,2ヶ月先に予約するものでなく、1,2年先に予約するような旅行であるため、来年以降を含めてクルーズ旅行の予約状況を見ておくことが重要です。

ロイヤルカリビアンの2021年8月3日の公表によると、以下の通り26の客船で運航が再開(または予定)されているようです。新型コロナウィルスの感染が収束に向かえば更に運航再開が進むと予想されるため、今後の業績回復が期待できそうです。

Royal Caribbean_Itinerary-Updates (2021 Aug. 3)

Royal Caribbean Announces Summer Sailings

• Adventure of the Seas: June 12, 2021 departing from Nassau, Bahamas

• Allure of the Seas: August 8, 2021 departing from Port Canaveral, Florida

• Anthem of the Seas: July 7, 2021 departing from Southampton, United Kingdom

• Brilliance of the Seas: December 16, 2021 departing from Tampa, Florida

• Enchantment of the Seas: December 23, 2021 departing from Baltimore, Maryland

• Explorer of the Seas: November 7, 2021 departing from San Juan, Puerto Rico

• Freedom of the Seas: July 2, 2021 departing from Miami, Florida

• Grandeur of the Seas: December 5, 2021 departing from Bridgetown, Barbados

• Harmony of the Seas: August 15, 2021 departing from Barcelona, Spain & Civitavecchia (Rome), Italy

• Independence of the Seas: August 15, 2021 departing from Galveston, Texas

※他15件以上ありますが多いため割愛(詳細は下記リンク先をご覧ください)

出所:Royal Caribbean_Announces

ロイヤル・カリビアンの他にも、カーニバル(CCL)ノーウェジアン・クルーズ・ライン(NCLH)がクルーズを再開しており、クルーズ業界の運行再開は徐々に進んでいます。

財務状況

続いてロイヤルカリビアンの財務状況を確認していきます。(※財務関連のデータは、ロイヤルカリビアンの財務諸表を参照しています)

あわせて読みたい
Webcasts & Presentations | RCCL Investors Browse the calendar to view webcasts and presentations on Investor related events and announcements.

売上・営業利益(年次)

年次の売上・営業利益は以下の通りです。

2019/12期の売上高は$10,951M(+15% Y/Y)営業利益率 19% 純利益率17%と、成長性・収益性ともに堅調に推移していたことが分かります。

しかし、2020/12期の売上高は$2,209M-80% Y/Y)、営業利益率 137% 純利益率-263%と、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、業績が急速に悪化しています。

売上・営業利益(四半期)

四半期の売上・営業利益は以下の通りで、2020/03期の以降は赤字が続き、2021/09期に僅かながら売上が戻ってきていますが、まだまだコロナ前の水準には程遠い状態です。

(※2020/09期は売上高がマイナスのため、グラフ上は利益率がプラスになっていますが赤字です。)

ROE

ROEの推移は以下の通りで、コロナ前までは15%前後で推移していたものの、2020/12期のROEは-55.4%と急落しています。

キャッシュフロー

年次のキャッシュフローは以下の通りです。2020/12期は営業CFが大きくマイナスで、財務CFで多額の資金を調達していることが分かります。

営業CFマージン

年次の営業CFマージンは以下の通りです。2021/12期の営業CFマージン-169%と大きくマイナスとなっています。

バランスシート(年次)

CCLの年次のバランスシートは以下の通りです。2019年まで自己資本比率はほとんど40%台で推移していきましたが、2020年には29%まで低下しています。

バランスシート(四半期)

四半期のバランスシートの内容を見ると、徐々に固定負債が増加していき、2021/09期には自己資本比率が20%まで低下しています。

2021/09期の自己資本比率は20%流動比率は80%固定比率は441%と、財務的な安全性は良好とは言えず、徐々に悪化していることが分かります。

自己資本比率(純資産÷総資産)20%
流動比率79%
固定比率441%
固定長期適合比率104%

株価

最後に株価を確認していきます。下にはTrading Viewのリアルタイムチャートを掲載しますが、2021年9月28日現在の株価について見ていきます。(初稿:2021年9月28日、リライト:2021年11月27日

RCLの株価は、新型コロナウィルス感染拡大前の2020年の始め頃には135ドル前後でした。

新型コロナウィルス感染拡大後は、一時25ドル付近まで値を下げて、100ドル付近まで持ち直した後、現在は68ドル付近まで株価が下がってきています(ここ数日でコロナウィルスの変異種「オミクロン」の報道を受けて急落)。

現在はコロナの影響で業績・株価ともに急落しているものの、コロナが下火になれば、業績回復に伴い株価の回復も期待できるので、今後も動向を注視したいと思います。

出所:Trading View

<リアルタイムチャートはこちら>

まとめ

最後にまとめます。

RCL まとめ

・ロイヤルカリビアン(RCL)は業界大手のクルーズ旅行会社

・クルーズ市場は年率5%以上で堅調に成長してきた市場、主要顧客は北米・欧州の顧客。

・2020年の新型コロナウィルス感染拡大でクルーズ業界全体が大打撃を受けた

・RCLも堅調な業績が一転して赤字に転落株価も急落し、急落前よりも低い水準で推移。

・RCLの予約状況は好調。コロナが収まれば、業績の回復が期待できる。

コロナ前2019/12期の売上高は$10,951M(+15% Y/Y)営業利益率 19% 純利益率17%と、成長性・収益性ともに堅調に推移していた

コロナ後2020/12期の売上高は$2,209M-80% Y/Y)、営業利益率 137% 純利益率-263%と、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、業績が急速に悪化

・2021/09期に僅かながら売上が戻ってきているが、まだまだコロナ前の水準には程遠い状態

・2021/09期の自己資本比率は19.8%流動比率は80%固定比率は441%と、財務的な安全性は良好とは言えず、徐々に悪化している

RCLの株価は、コロナ前の2020年の始め頃には135ドル前後だったが、コロナで一時25ドル付近まで株価が下落。100ドル付近まで持ち直していたが、現在は68ドル付近まで株価が下落(ここ数日でコロナウィルスの変異種「オミクロン」の報道を受けて急落)。

・コロナ収束すれば業績回復が見込めるため、株価の持ち直しに期待

今後もRCLの予約状況や、業績の動向を見ながら、投資判断をしていきたいと思います。

(※投資は自己責任です。ご自身の判断と責任でお願い致します)

やん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【米国株】クルーズ市場とクルーズ銘柄3社(CCL, RCL, NCLH)について解説!2021年9月版 こんにちは!やん(@yan_blog3)です。 米国のクルーズ銘柄に投資したいな〜企業のことは分かった上で投資したいけど、自分で企業分析をするのは難しいし面倒! そんな...

ブログ村はじめました。応援(クリック)よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次