【米国株】クラウドセキュリティ3銘柄(CRWD, OKTA, ZS)を比較!|クラウドストライク・オクタ・ジースケーラー

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

※アフィリエイト広告を利用しています

好決算が続いていることや、広瀬隆雄さん(じっちゃま)も紹介されていたことから、決算間近のクラウドセキュリティ3銘柄(CRWD, OKTA, ZS)について興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

悩んでいる人

クラウドセキュリティ3銘柄(CRWD, OKTA, ZS)に投資しようかな〜
でも投資するからには、企業の事業内容・財務状況について理解したうえで投資したい…でも難しいし面倒!

そんな方に向けて、本記事では、クラウドセキュリティ銘柄3社(CRWD, OKTA, ZS)の会社概要、財務状況について比較しながら紹介します。

この3社を競合として比較するという意味ではありません。3社とも異なるサービスを提供しています。例えば、下記記事を読めば、CRWDとZSのソリューションは相互補完の関係にある事が分かります。

あわせて読みたい
CrowdStrike Zscaler and CrowdStrike
目次

まとめ

はじめに、まとめです。

クラウドセキュリティ銘柄比較まとめ

・クラウドセキュリティ市場は今後も市場拡大が予想される

・CRWD, OKTA, ZSの3社とも売上は堅調に成長している

・2021期の売上高:CRWD($874M)>OKTA($835M)>ZS($673M)

・2021期の売上高成長率 :CRWD(82%)>ZS(56%)>OKTA(43%)

・2021期の営業利益率CRWD(-11%)>OKTA(-24%)>ZS(-31%)

・2021期の営業CFマージンCRWD(41%)>ZS(30%)>OKTA(15%)

・202/07期の自己資本比率:OKTA(68%)>CRWD(29%)>ZS(23%)

・202/07期の流動比率:OKTA(315%)>ZS(257%)>CRWD(198%)

・202/07期のOKTA(100%)>固定比率:>CRWD(97%)>ZS(77%)

・PSR:ZS(約71倍)>CRWD(約48倍)>OKTA(約34倍)、(2021/11/22時点)

個人的には、クラウドセキュリティ銘柄3社(CRWD, OKTA, ZS)ついては、広瀬隆雄さん(じっちゃま)が紹介されていた、「業績が良ければ買う・ホールド、悪ければ売る」というスタンスで投資を検討していきたいと思います。

(※投資は全て自己責任です。ご自身の判断と責任でお願い致します)

会社概要

Crowd Strike

クラウドストライク は米国カリフォルニア州に拠点を置くクラウドベースのエンドポイントセキュリティを提供する企業です。

2011年に設立、2019年には上場しており、短期間で急成長しています。基本情報は以下のとおりです。

会社概要
本社所在地米国カリフォルニア州サニーベール
設立2011年
上場2019年(CRWD)
事業クラウドセキュリティ
従業員数4,224人
売上高$ 874 百万ドル (2021年1月)
企業HPURL
IR資料 URL
2021年9月30日

クラウドストライクの特徴は、従来のアンチウィルスソフトを各端末にインストールしてウィルスの侵入を防ぐ手法ではなく、クラウドからユーザー端末を常に監視・保護するセキュリティをサブスク型で提供していることです。

(▶︎詳細にご興味ある方は下記リンク先をご覧ください。)

あわせて読みたい
【米国株】クラウド型エンドポイントセキュリティのCrowd Strike(CRWD:クラウドストライク)について... 好決算が続いていることや、広瀬隆雄さん(じっちゃま)が注目されていることからCrowd Strike(クラウド・ストライク)について興味を持たれている方も多いのではない...

OKTA

オクタ は米国カリフォルニア州に拠点を置くクラウド型ID管理・統合認証サービス(Identity as a Service :IDaaSを提供する企業です。

会社概要
本社所在地米国カリフォルニア州サンフランシスコ
設立2009年
上場2017年(OKTA)
事業IDソリューション(セキュリティ)
従業員数4,176人
売上高$ 875 百万ドル (2021年1月)
企業HPURL
IR資料 URL
2021年10月1日

オクタはIDaaSの大手で、オクタのサービスは、顧客のID管理やログインの利便性向上に役立ちます。オクタのサービスにより、顧客はSSO(シングル・サインオン)を利用して1回の認証で複数のシステムにログインすることができ、煩わしいID管理やログインの手間を軽減することができます。

近年は複数のWebサービスを利用することが増え、ID管理やログインの手間が増えたこともあり、オクタのサービスの導入が増加しています(導入実績10,000社以上)。オクタのサービスの概要は以下の通りです。

また、OKTAが先日、有力な競合企業Auth0と経営統合しており、更に競争優位性が高まったと考られます。

(▶︎詳細にご興味ある方は下記リンク先をご覧ください。)

あわせて読みたい
【米国株】クラウド型ID管理サービス(IDaaS)の注目企業OKTA(OKTA:オクタ)について解説 好決算が続いていることや、広瀬隆雄さん(じっちゃま)が注目されていることからOKTA(オクタ)について興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。 OKTAに投資...

Zscaler

Zscaler(ゼットスケーラー)は、2008年に設立された米国カリフォルニア州に拠点をおく、クラウド型のセキュリティソリューションを提供する企業です。

会社概要
本社所在地米国カリフォルニア州サンノゼ
設立2008年
上場2018年(Nasdaq:ZS)
事業クラウド型セキュリティ
従業員数3,153人
売上高$ 673 百万ドル(2021年7月)
企業HPURL
IR資料 URL
2021年10月6日

ZSのソリューションは、400以上の”Forbes Global 2000″の企業に採用されており、同社は全世界で150以上のデータセンターを保有しています。

例えば、Siemens(シーメンス)は、Zscalerを使用して180か国以上で35万人のユーザーのすべてのトラフィックを保護しています。

(▶︎詳細にご興味ある方は下記リンク先をご覧ください。)

あわせて読みたい
【米国株】 クラウド型セキュリティソリューションの注目企業 Zscaler(ZS:ゼットスケーラー)について... 好決算が続いていることや、広瀬隆雄さん(じっちゃま)が紹介されていたことからZscaler(ZS:ゼットスケーラー)について興味を持たれている方も多いのではないでしょ...

3社の業績・財務状況

続いて3社の業績、財務状況を比較しながら見ていきたいと思います。

売上・営業利益

まずは売上と営業利益を比較していきたいと思います。各社の2021年決算時の業績は以下の通りです。

売上・営業利益

売上高:CRWD($874M)>OKTA($835M)>ZS($673M)

・営業利益率:CRWD(-10.6%)>OKTA(-24.4%)>ZS(-30.9%)

売上成長率(前年同期比)

続いて、売上高成長率(前年同期比)の推移は以下の通りです。

売上高成長率(前年同期比)

売上高成長率 :CRWD(82%)>ZS(56%)>OKTA(43%)

営業CFマージン

続いて、営業CFマージンの推移は以下の通りです。

バランスシート

続いて、各社の安全性を見るためにバランスシートの内容を比較していきます。

自己資本比率

続いて、自己資本比率の推移は以下の通りです。

流動比率

続いて、流動比率の推移は以下の通りです。

固定比率

続いて、固定比率の推移は以下の通りです。

株価

最後に株価を見ていきたいと思います。下にはTrading Viewのリアルタイムチャートを掲載しますが、2021年11月22日現在の株価について見ていきます。

CRWD

クラウドストライク(CRWD)の株価は、新型コロナウィルス感染拡大前の2020年はじめ頃に約60ドル付近となっていました。新型コロナウィルス感染拡大後は、CRWDの好業績が続いており、2021年11月22日時点では約239ドルとなっています。

出所: TradingView

PSRは、約48倍となっています(2021年11月22日時点)。

出所: TradingView

OKTA

オクタ(OKTA)の株価は、新型コロナウィルス感染拡大前の2020年はじめ頃に約140ドル付近でしたが、新型コロナウィルス感染拡大後は、OKTAの好業績が続いており、2021年11月22日時点では226ドルとなっています。

出所:Trading View

PSRは、2021年11月22日時点で約34倍となっています。

ZS

ZS の株価は、新型コロナウィルス感染拡大前の2020年はじめ頃に約60ドル付近でしたが、新型コロナウィルス感染拡大後は、好業績が続いており、2021年11月22日時点では約344ドルとなっています。

PSRは、2021年11月22日時点で約71倍となっています。

まとめ

クラウドセキュリティ銘柄比較まとめ

・クラウドセキュリティ市場は今後も市場拡大が予想される

・CRWD, OKTA, ZSの3社とも売上は堅調に成長している

・2021期の売上高:CRWD($874M)>OKTA($835M)>ZS($673M)

・2021期の売上高成長率 :CRWD(82%)>ZS(56%)>OKTA(43%)

・2021期の営業利益率CRWD(-11%)>OKTA(-24%)>ZS(-31%)

・2021期の営業CFマージンCRWD(41%)>ZS(30%)>OKTA(15%)

・202/07期の自己資本比率:OKTA(68%)>CRWD(29%)>ZS(23%)

・202/07期の流動比率:OKTA(315%)>ZS(257%)>CRWD(198%)

・202/07期のOKTA(100%)>固定比率:>CRWD(97%)>ZS(77%)

・PSR:ZS(約71倍)>CRWD(約48倍)>OKTA(約34倍)、(2021/11/22時点)

個人的には、クラウドセキュリティ銘柄3社(CRWD, OKTA, ZS)ついては、広瀬隆雄さん(じっちゃま)が紹介されていた、「業績が良ければ買う・ホールド、悪ければ売る」というスタンスで投資を検討していきたいと思います。

(※投資は全て自己責任です。ご自身の判断と責任でお願い致します)

やん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログ村はじめました。応援(クリック)よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次